2015.10.22 長野市 H様邸 jotul F3BP

こちらのH様邸は煙突と調度品にご注目。

一部、時空(空間)のゆがみではありません。


sIMG_6209.jpg

横からみると。。。

sIMG_6202.jpg

ハイ、わざと曲げております。

こうすることで、平成21年国土交通省告示第225号に基づく設置もクリアしつつ
お2階の1番すみに寄せた位置で煙突を貫通させることもできるのです。


sIMG_6214.jpg

こちらは時空(国境)をこえてやってきた素敵な品々!
上海など、各国の調度品が薪入れとして活躍中。
おしゃれすぎます!


sIMG_6205.jpg




素敵な品々に囲まれてF3も嬉しそうに燃えていました。

2015.10.13 上田市 Y様邸 F500SEBP&SCANCI-1

往年の名作、今は入手困難となってしまったSCAN CI-1を譲ってもらったというこちらのお宅。

その横に...煙突!?

どうなっているの!?

sIMG_6176.jpg


種明かしはこちら↓

sIMG_6171.jpg

そう、こちらは2階に設置させていただいた薪ストーブで、
1階の薪ストーブの煙突に接続して一石二鳥な工事をさせていただいたのでした。


sIMG_6172.jpgのサムネール画像

アンデルセンのロゴ入りCI-1。
ずっとしまいこんでいたそうですが、
ヤマショーでメンテナンスさせていただき再び火が灯りました。
まだまだ現役です!



1階ではこちらが主役。

sIMG_6162.jpgのサムネール画像

ヨツールF500SEBP。



大きなガラスから存分に炎と暖かさが楽しめます。

2015.10.07 上田市 N様邸 ヨツールF3BP

KAKIとKAKU-TOP。
隣の客はよく柿食う客だ。

すいません、ただ言ってみたかっただけです。

柿もたわわに実る今日この頃。
角トップにて施工させていただいたおうちの初焚きでした。

sIMG_6148.jpg

sIMG_6152.jpg

普段ヤマショーでは北欧デザインのラグをおすすめすることが多いのですが
今回はお部屋の雰囲気にあわせてカントリーデザインの「ララミー バーガンディ」をチョイスいただきました。

薪ストーブはカントリー調のおうちにもぴったりなヨツール社のF3BP。

sIMG_6155.jpg

たまたま配線確認にきていた電気屋さんも
小さいのに暖かいF3に興味深々のご様子でした。




2015.09.09 塩尻市 A様邸 ドブレ640CB

今シーズン初の試験焚き=火入れ式がありました。
夏が過ぎると、急に朝晩が冷え込む信州。
「気が付くと雪が降ってた」なんてことも珍しくありません。
それは冗談として、いつ寒くなっても大丈夫なように、
「早めの火入れ式」が定番となっています。

IMG_9994_.jpg

今回の本体はベルギーのドブレ640CBです。
クラシカルな趣も残しつつ、ワイドガラスで炎も楽しめる、一石二鳥的なモデルです。
外が比較的暖かくても良く燃えてくれました。

A様邸はリフォームで、この薪ストーブコーナーを増築した形になります。

まさに薪ストーブの為の劇的リフォーム。












IMG_0005_.jpg

2015.05.30 上田市 H様邸 ダッチウエスト コンコード 続き

先日のコンコード(ホーローレッド)のお客様のお家にウォーミングシェルフを取付にお伺いしました。(^^)v

正面コンコード.jpg








*ウォーミングシェルフ・・・・本体側面に取り付けるオプションでストーブトップを広げ、保温しておくのに最適(≧Д≦)///

斜めコンコード.jpgビィンテージ壁掛けツールセットも装着で、より一層ストーブ周りが締まった感じです(^▼^) 


ツールセットアップ.jpg







ヤマショーオリジナルグローブもその仲間に入れてもらえて喜んでいる様子でした。(〃>Д<〃)




H様のウォーミングシェルフに付属するミトンラックで早くドライフルーツを作れる日が来ることを願い帰社するのでした。(^∇^)

マッチ

2015.05.11 上田市 H様邸 ダッチウエスト コンコード

本日はダッチウエスト社の【コンコード】(ホーローレッド)(≧Д≦)//

IMG_9908.jpg







ホーローの光沢がいい感じにレンガとマッチしていて存在感はピカ一(^∇^)v


IMG_9914.jpg
まっすぐ伸びた煙突もこのいい感じな空間に彩りを与え、より一層雰囲気を引き立てていました。(〃≧Д≦〃)
 カッコイイ~♪♪


今後、本体にウォーミングシェルフを取り付けさせていただく予定ですのでまたご紹介いたします(^^)v


2015.04.11 上田市 H様邸 セギャンサファイアGP

オープンハウスのタイミングにあわせて火入れ式を行わせていただきました。
来場される方々のためにお部屋を暖めるはセギャン社のサファイアグレーペイント。



サファイアは天板が広く、鍋やヤカンを沢山おけるのもポイントです。

IMG_9937.jpg

広々としたタイルスペースを用意していただき、
暖かいけれどどこか静謐さも感じる、すっきりと落ち着いた薪ストーブコーナーとなりました。

2015.03.30 長和町 T様邸 ヨツールF400SE

もう春かな?
まだ冬だ。
薪ストーブ、まだ焚ける。

お願い!ゲレンデが溶けるほどあっためて!F400!!すぺしゃるぅぅ、えでぃしょぉおーん!!

IMG_9857.jpg
説明しよう。
SE(スペシャルエディション)とは、
ヨツール クラシックラインのトレードマークとも言える、噴水を模ったドアガラスの装飾を「あえて」なくすという、斬新かつZANSHINなデザインを持つ、スペシャルなエディションのF400のことだ!
何事にも熱しにくく、冷めにくい、我慢強い性格である。



IMG_9865.jpg

スペック
身長:約718mm
体重:約170kg(ダイエット中)
必殺技:ゲレンデ溶かし
好きな食べ物:コナラ
交際ステータス:独身
好きな季節:冬


IMG_9897.jpg

心のやさしいSEは、ときに自ら放つ光と熱のエネルギーによって、子供たちがやけどをしてしまうのを防ぐために、セーフティーガードを見に付けることもあるのだ!
ぜあぁ!

2015.03.28 原村 K様邸 スキャン CI-10GLCB

ちょっと久しぶりな感じの原村へ。

IMG_9849_s.jpg


透き通るような白い壁に、CI-10がインパクト大です。
ストーブの背中側には、エアーヒル工法の通気ボックス(名称が正確かわかりません)があります。
そのため、ストーブの床プレートを逆ホームベース形に特注加工しました。
新色のハースラグも良い感じにまとまっています。




IMG_7814.jpg





そうそう、こちらのK様宅は、店舗併設となっており、大きな石釜が備わっています。
こちらの煙突も施工させていただきました。
6月オープンだそうです。
楽しみですね!

2015.03.27 駒ヶ根市 O様邸 ヨツールF400BP

IMG_7826.jpg



ご新築中に転勤になってしまい、
完成してから約3年越しの火入れ式でした。
ヨツールF400ちゃんは、待ってましたとばかりに元気に燃えてくれました。
本格的な冬を過ごすのはまたさらに来年になりますが、きっと暖かいお家になりますね。








IMG_7828.jpg
IMG_7839.jpg