2014.01.25 軽井沢町 N様邸 morso3610CB

今回は、すでにお住まいになっている建物へ
薪ストーブ工事単独で入らせていただいた際のレポートです。

もともとスタンド式の照明器具があった、リビングの一角を薪ストーブスペースに。
ストーブ本体は広い吹抜け空間でもしっかり暖めてくれる大型ストーブのmorso3610CB。
マイナス2桁になる軽井沢でも安心です。

施工前
sIMG_3483.jpg

 

施工後


多種多彩な音楽の流れる上質な空間に、しっとりと構えています。

薪ストーブに興味はあったものの、
新築時には入れそびれてしまった、という方でもお気軽にご相談下さい(^ー^)

2014.01.11 軽井沢町 Y様邸 ヨツールF500SEBP

窓から見える森と、すっとのびる煙突。
天窓からの光がこぼれ、
静謐な空気が流れていました。

 

sIMG_6963.jpg

 

ストーブはjotul F500BPのスペシャルなエディション:F500SEBPです。
格子がなく、炎を存分に楽しめるモデル。

キリっとしてます。
キリッ( `・ω・´)

 

 

2014.01.09 上田市 K様邸 ヨツールF400BP

年末年始休業中、久しぶりに見たシチューのCMにちらっと映る薪ストーブの炎に
「あ!」と反応してしまいました。

原田知世と大泉洋の映画、しあわせのパンでもクラフトマンが登場していて「あ!」と叫びました。
こういうのも職業病というのでしょうか。

ウォーリーを探して見つけたときのような嬉しさに近い気がします。

 

そんな薪ストーブのある暖かなおうちがここにも一軒。
jotul F400BPを選んでいただきました。
凝った炉台にかこまれ、素敵な雰囲気です\(^ー^)/

 

2014.01.07 上田市 Y様邸 ヨツールF3BP

オプションの後方上抜口元を使ってストーブ背中から煙突を出し、
天板を効率よく使っていただいているY様邸。

左の勝手口を出てすぐに立派な薪棚があり、薪導線の確保もばっちりです!

 

勝手口は、フロアを欠きこむか悩んだそうですが、
靴を濡らさずに置けるし
薪の屑もさっとはいて落としてしまえるのも良かったと、
思わぬ副産物に喜ばれていました。

sIMG_6973.jpg

上部吹抜けは、接する2階の寝室にも暖気がゆくようになっています。

火入れ式に同席してくれていた工務店の担当者さんも、「うちの土間にも入れたいなー」とポツリ。
F3ちゃん、今日もひとり魅了しちゃいました♪

 

2014.01.06 上田市 T様邸 モルソー1630CB

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

さて、怒涛の年末をプレイバック!

 

ショールームでも絶賛焚き中のmorso1630CB。


薪ストーブ2台目のT様邸ですが、
先代と比べ、1630×ヤマショーマニュアルの操作の簡単さや暖かさに大変感動いただきました。

 

sIMG_3464.jpg

 

ご主人の集めていらっしゃる素朴で味わい深い、民芸品の数々に混じって
創業1853年のモルソーも負けていませんヨ!

2013.12.24 軽井沢町 M様邸 ヨツールF500BP

今まで暖炉だったところに、ぜひ薪ストーブを!とご相談いただいたこちらのお宅。

その願いを叶えるべく、
工務店さんに壁を壊して既存の暖炉や煙突を引きづり出していただき
タイルも貼りなおすというプチリフォームにご協力いただき、
今回の工事が実現しました◎

before

sIMG_3305.jpg

 

after

sIMG_6955.jpg

 

このあと壁の補修に入っていただくそうですが、
一足早く、炎のあるクリスマスに間に合い、良かったですヽ(*´v`*)ノ

 

すっかり雪景色の軽井沢ですが、
外から見える薪ストーブがまたいいんです!

「なんてあったかそうな室内なんだ!」と感動します。

雪におおわれて、しんと静まりかえった中、
ぱちぱちと時々はぜる薪の音。
最高です!

2013.12.17 上田市 O様邸 スキャンCI-8GLCB

広い玄関土間にたたずむはSCAN CI-8GLCB。

 

sIMG_6935.jpg

 

ハンドルが熱くならないよう、外せるのがこの機種の魅力ではあるのですが、
どこに置こう、というプチ悩みを解消してくれたのが右下の小ぶりな物置き台。
実はこれ、古いおうちの柱の先端のカット部分!

 

sIMG_6927.jpg

物置き台のおおもとは左の味わい深い柱。
これまでの住まいから移設したものだとか。

空間の履歴をうけつぎつつ、
これからは薪ストーブとともにみんなを出迎えてくれることでしょう。

 

2013.12.14 上田市 K様邸 ドブレヴィンテージ35

60年代のテレビのような懐かしいデザインが売りのドブレヴィンテージは、
炎のゆらめきがとってもきれいです。
生火の魅力全開!

 

 

今回入れさせていただいたのは中型クラスのドブレヴィンテージ35。
その名のとおり、35センチの薪まで入ります。

 

sIMG_6902.jpg

 

ステンレス削り出しの取っ手が良いアクセントになっています。

 

 

 

sIMG_6914.jpg

 

フロアプレートは、背面の空気層つき遮熱壁と
側面のキッチンサイズにあわせた特注サイズでぴったりと納めました。

窓枠を額縁になぞらえて、美しいシルエットの山が主役の風景を切り取るピクチャーウィンドウ。
家にいながらにして時間の経過や季節の移ろいを感じることができます。
設計士さんのにくい演出で、薪ストーブとの共演です\(^▽^)/

2013.12.11 上田市 A様邸 ヨツールF400BP

クラシックなゴシックアーチの扉の印象の強いF400BPですが、
側面の格子模様は海図を表し、
その脇にはノルウェーの海岸線と祖国に帰還する船の模様があったり、
内部の燃焼室には羅針盤の模様も展開されていたりと、
海を感じるデザインがふんだんにあしらわれています。

そんな凝ったデザインのF400BPだからこそ
レンガタイルで組んだストーブステージにも負けない存在感がありますね。

sIMG_3315.jpg

 

煙突の規定高さを満たしつつ、フラッシングタイプですっきり収めるべく、
今回はポールステーでの設置となりました。

2013.12.10 上田市 S様邸 ヨツールF100BPロングレッグ

 

sIMG_6828.jpg

 

 

 

こちら、小型ストーブのF100BP。

 

しかし!小さな外観を侮ってはいけません!
燃焼室は意外と広く、
40㎝の薪まで投入できちゃいます。

 

菱形のラチスワークと呼ばれるモチーフを
本体の上面に散りばめた、
ヨツールの中で1番カワイイ本体です。(当社比)

 

しかも、今回は標準品よりも背伸びができるロングレッグタイプを選んでいただいたため、
スマートな印象を楽しめます。

 

 

 

sIMG_6829.jpg

 

 

 

床面にはガラスフロアプレート、 
背面には特注サイズの熱遮蔽版をたてることで
レンガ等は積まず、すっきりと納めました。

 

 

 

 

 

煙突は外観の雰囲気にあわせた角トップです。

 

奥様念願の薪ストーブということで、
熱心にメモをとっていただきながらの火入れ式となりました!